ホーム

おもしろい添乗員さん

読了までの目安時間:約 2分

おもしろい添乗員さん

先日、久しぶりに参加したバスツアーの添乗員さんが、とってもおもしろかったのでお話します。
ご両親も関係で、もともとは、タイで生まれて14歳まで過ごしたのだそうです。
ですから、国内よりはむしろ海外の方の添乗がお得意なのだそうです。
大学は獣医学科を専攻されていたそうで、そのおかげで、動物、昆虫、植物に詳しいのだそうです。
ずっと会社員をされていたのですが、42歳で離婚する事になり、それを機に24年間勤めたた会社を辞めて、添乗員の道を志したのだそうです。
でも、添乗員さんのお給料はあまり高くないので、お仕事が入らない時は、食べるものにも困るありさま。
そこで、その方は、道端の雑草、ハルジオンとかたんぽぽとかおなじみの草を揚げたり炒めたりして食いつないだそうです。
たんぽぽの根も食べられるとの事でした。
また、昆虫もせみはいなごよりおいしいそうです。
羽をとって素揚げすると、ビールのおつまみによく合うとの事でした。
う~ん。
まねはできなけど、こんな世界があったのだと感動しました。

車の正しい査定の仕方

最近よく外れる天気予報

読了までの目安時間:約 2分

最近よく外れる天気予報

最近の天気が変わりやすいのには困ります。
朝の天気予報ではずっと晴れと言っていたのに、外を見てみるといつの間にか雨が降ってきているのが見えて、慌てて洗濯物を取り込みに行ったりしなければいけません。
雨が降るはずだったのに晴れるというのには何の文句もなく、むしろ大歓迎といったところなのですが、雨が降るとどうしても行動範囲が狭くなることが多く、予定が完全にくるってしまうので文句も言いたくなるのかもしれません。
しかし、しれでも以前より確実に天気予報が当たる時代になっているはずです。
週間天気予報で大ざっぱな1週間の仮の予定を入れることもできるので、たとえ天気予報が外れたとしても天気予報はなくてはならない生活の一部になっていると思います。
雨だって降ってくれなければ、植物も野菜も枯れてしまうのだから、雨が降ったと文句ばかり言っていてはいけないのかもしれません。
何か雨の日にできる趣味を持つと、憂鬱な雨も楽しくなるかもしれませんね。

Recent Posts
Recent Comments
Archives
Categories
Meta